10代ならまだしも

真性包茎は基本的には手術をしないと治らないですが、
中には自力で治した人もいるでしょうね…。
かといって自力で直せる人もいれば、無理な人もいます。

 

自力で剥いて直した方々は大体中〜高校生頃
(10代)の時にやられたみたいなのです。

 

私が調べた結果では、20代〜の場合は手術でないと
常に剥けた状態にすることはできません。
やはりできる限り専門のクリニックで治療したほうが良いです。

 

実際20代前半の友人(カントン包茎)が自らの手で
治そうとしたら、亀頭がうっ血して結局病院に行きました…。

 

 

また、ネット上に様々な商品がありますが
これは辛抱強く何ヶ月も続ける必要があります。
これを使える人なら、既に10代で治っていたでしょう。

 

有名なキトー君dxは、真性包茎を治せる唯一の矯正グッズ。
2chでもこれを使った実況をする人が多い人気商品です。

 

矯正器具とはいえ皮をこじ開けて伸ばす、単純明快な作りです。
(したがって皮とタートルヘッドが癒着しているとNG。
その場合諦めて手術を受けたほうが良いでしょう。)

 

キトー君dxと通常のキトー君の違いはストッパーの有無で、
ストッパーがあると皮を固定しやすくなります。
なので、基本は新型のdxを使ったほうが楽だと思います。

 

それともう一つ。
キトー君は真性やカントンを仮性包茎にすることができます。
また重度の仮性包茎も、軽度の仮性包茎に出来ます。
…つまり、ズル剥け状態にはできないということ。

 

効果については普通の町医者と同じというわけです。

 

ただ価格的に手術よりはかなり手頃だということ、
そして手術跡が残らない、一人でこっそりやれる等
メリットは結構多いので、地味な作業を数ヶ月
続ける自信がある人なら、やってみてもいいかもしれません。

 

なお、一生童貞だとしても真性包茎のまま放っておくのはよくないです。
亀頭が炎症したり、最悪の場合は陰茎ガンになってしまうそうです。
いっそのこと思い切って手術に踏み切ってしまいましょう。