結婚はできる!けど。

真性包茎で一番に気になるのは女性関係。
そしてその最上位が結婚です。

 

真性包茎であることを全く気にしていない人も
世の中にはもちろんいますが、
大抵の人がコンプレックスになっていることと思います。

 

いくら見た目が全てじゃないとはいえ、
そのまま自信を持てという方が過酷な話です。

 

女性と付き合うことですら気掛かりになってしまうのに
結婚なんてできるのか!?
そう悩んでしまうのも仕方ないと思います。

 

実際どうかというと
真性包茎のまま結婚されている方はいます。
さらに言えば、子供がいる人もいます。

 

相手次第、ということではあるのですが、
中には真性包茎であるがゆえに関係がこじれて
結婚までたどり着かなかった人もいるのも事実です。
(原因が真性包茎だっただけで
 結局別のことで同じ結果になったような気もしますが。)

 

 

ただ、価値観が一致していて結婚に至り、
生活に関しては何不自由なかったカップルが
あるとき真性包茎を手術で治したところ、
奥さんの感じる気持ちよさがかなり良くなったそうです。

 

亀頭のカリの部分は
女性の膣にあるGスポットを刺激する役割もありますから、
皮を被った状態よりうまく当たりやすくなるのは頷ける話です。

 

「真性包茎=結婚できない」
ということではありませんが、
性生活も夫婦のコミュニケーションには大切な要素。

 

衛生面のこともあるし、
起こりうるムダなトラブルを避けるためにも
やはり早急に解決することをおススメします。