病気ではないけれど・・・

あるときふと見ると、自分のアソコに白いブツブツが!
「もしかして性病なんじゃないか?」
「自分で治せないものだろうか?」

 

そんな不安に駆られた方もいるのではないでしょうか。
大事なところにできるブツブツは、色んな種類があります。

 

中でも白い、または薄いピンク色のもので
かつ痛みや不快感などがないものは性病由来のブツブツではありません。

 

これらはできる場所によって、
・フォアダイス
・真珠様陰茎小丘疹
・包皮腺
というものに分類されます。

 

フォアダイスは口唇や陰茎にできる白っぽいイボのようなものです。
完全に脂肪が詰まることが原因でできるそう。

 

真珠様陰茎小丘疹は亀頭のカリ周辺にできる、
フォアダイスと同じようなブツブツです。
真性包茎だと出やすいそうです。

 

包皮腺(またはタイソン腺)は亀頭のウラ筋周辺にできるものです。

 

 

どれも病気、というよりも体質で発生しているニキビのようなものです。
ですので、放っておいても別に問題はないのですが、
見た目に気になる方は除去をしてもいいと思います。

 

ただし、決して自己処理しようとしないでください。
ハサミなどの刃物を使ってやろうとしても、アソコはデリケートな部位。
傷から病原菌が入って本当に性病になる可能性もあります。

 

イボコロリでなんとかできるとかいう話もあるみたいですが、
かなりリスクが高いのでやめましょう。

 

クリニックに行けば5〜10万円で治療してくれます。
少しお金がかかるかもしれませんが、
それでセックスに前向きになれるならお安いものです。

 

病気ではないとはいえ、こういった症状も出やすくなる真性包茎を
治すことによるメリットはやはり大きいと感じます。
いつか治すのならなるべく早く手を打ってしまいましょう。