痛い過去

ヒルタワやウエノの体験談でよく他クリニックでひどい目にあったから
再度手術をお願いしに来る人も多い、って書いてあるんですけど、
それも確かに説得力があるなって思える事例があります。

 

以下自分の例なので、気になる方は読んで下さい。

 

 

 

 

どこの病院に行ったらいいか迷ったけど
保険が適用になるなら、と普通の町医者に行くことにした。

 

でも保険適用の治療だと真性から仮性になるだけの
最低限の(医学的に問題ないレベルの)手術しかできないらしい。
せっかく包茎手術して仮性包茎になって終わったら
なんかもったいないと思ってしまうのは自分だけだろうか?

 

でも医療用ではそう決まっているらしく、
真性じゃないだけマシだろ?的な考えっぽい…

 

しかも色々な病気の治療をしている大きい病院での治療は
待たされる上に何日か入院しなくちゃいけないみたい。

 

それに大抵は包茎の手術ということで嫌がられるみたいね。
ま、問診票に「包茎治療」って書いて看護師さんに渡すのも嫌だけど…。
だから地元の普通の町医者にしたんだが・・・

 

 

今回治療した町医者は高い!!高すぎる!!
そして…麻酔いてぇ!!1回で終わればいいのに何回も打つし…。
あとは術後1週間たって麻酔がきれてからの激痛は…忘れられないよ。
擦れるだけで痛いなんて考えてもみなかった。

 

あとは皮を切る治療法だったから、内側に隠れてた
綺麗な部分が半分出てきて2色の鮮やかなカラーの皮になった…。
傷跡もどうやら残るみたいでしかも結構わかりやすく残るみたい。

 

 

 

これじゃはっきり言って罰ゲームだと思う。
それから私はクリニックについて調べ始めました・・・